情報を絞込む
Search

公開シンポジウム「日本の外国語教育を豊かにするには」開催
カテゴリー:イベント情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-6-16 17:37:12

外国語教育研究センター共催
公開シンポジウム「日本の外国語教育を豊かにするには」を以下のとおり
開催いいたします。
参加費無料、どなたでもご参加いただけます(要事前登録)
ぜひご来場ください。

日時:2017年7月15日(土) 13:30〜17:30
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス 第3校舎 329教室
主催:日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)
   「一貫教育における複言語能力養成のための人材育成・教材開発の研究」
   (代表者:境一三)

プログラム:
13:30 開場
13:45-14:00 開催の挨拶 境一三(慶應義塾大学)
14:00-15:15
第1部 日本の外国語教育を豊かにする複言語教育からの報告
「マルタ共和国の言語教育について」
境一三(慶應義塾大学)、大澤麻里子(東京大学),小川敦(大阪大学)
15:30-17:30
第2部 日本の小学校教育を豊かにする国際理解教育の実践報告
「トラベルティディーを経験した小学校のクラスの変容」 北野ゆき(守口市立さつき学園)
「外国語の世界が【もっと】広がる、外国語としての視点から見つめる外国語活動」
土屋佳雅里(小学校英語指導者養成講座講師)
「グローバル化時代のコミュニケーション能力 小学校の外国語教育から考える」安達理恵(愛知大学)
「質疑応答を含んだまとめ」 酒井志延(千葉商科大学)

事前登録はこちら(外部のサイトに接続します)





*チラシのダウンロードはこちらから

<申込終了>TOEIC®L&R-IPテスト実施について【7/1(土)】
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-6-7 14:08:51

TOEIC®L&R-IP テストを以下のとおり実施いたします。
受験希望者は注意事項を確認のうえ、期日までに各キャンパス生協にてお申し込みください。
※受験資格:塾生(学部生・院生・通信教育課程生)、一貫教育校生徒、および慶應外語の受講生に限定されます。
※TOEIC®L&R-IPは、現行のTOEIC®L&R公開テストと同じ新形式問題、採点方法で実施されます。
※TOEIC®L&R-IPでは、公式認定書(Official Score Certificate)は発行されませんが、代わりにスコアレポート(公開テストとスコアの有効性は同等)を発行します。

■ 試 験 日  2017年7月1日(土) 
         受付14:00〜14:40 試験15:00〜17:00(予定)
■ 試験会場 教室が決定しました(6/7 update)
     三田キャンパス 西校舎 501番教室
     日吉キャンパス 独立館 DB201・DB202番教室
        
1. 申込方法
・申込期間 2017年5月15日(月)〜6月21日(水)<申込終了>
・受験資格 塾生(学部生・院生・通信教育課程生)、一貫教育校生徒、および慶應外語の受講生
・定   員  200名 ※先着順のため、定員になり次第、受付を終了します。
・受 験 料  3,600円(税込) ※受験料は理由の如何にかかわらず返却できません。
・申 込 先  慶應生協
        ※申込みの際は、「学生証」「生徒証」「慶應外語受講証」のいずれかをご提示ください。
        ※受験申込書は各キャンパス生協に設置しています。
         三田店3F書籍部
         信濃町店書籍購買部
         芝共立店書籍購買部
         日吉店3F
         矢上店購買部カウンター
         藤沢店サービスカウンター

2. 受験上の注意
必ず「学生証」「生徒証」「慶應外語受講証」のいずれかをご持参ください。忘れた場合は受験できません。
・遅刻した場合は受験できません。その場合は受験料の返却もできません。途中退室もできません。
・辞書・ノート・録音機器、カメラ、携帯電話の持ち込みは禁止です。

3. スコアレポート(試験結果)の受取
・7月20日(木)より、申込先の生協にて受け取ることができます。その際、「学生証」「生徒証」「慶應外語受講証」のいずれかと「受験票」をご持参ください。

                                                     以 上

紀要『慶應義塾 外国語教育研究』第14号原稿募集(9/15〆切)
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-6-2 16:10:37

2017年度 当センター紀要『慶應義塾 外国語教育研究』第14号の原稿を下記の要領で
募集いたします。「投稿規程」をご参照の上、奮ってご応募ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

1.投稿資格 : 原則として塾内の教員・職員・研究員(常勤・非常勤を問わない)。
         共同執筆者についてはこれ以外の者も可とするが、その場合も投稿筆頭者は
         原則として塾内の教員・職員・研究員(常勤・非常勤を問わない)とする。
2.募集原稿 : テーマが言語教育あるいはそれに深く関係する研究論文、
                  調査・実践報告、研究ノート。未発表のものに限る。
3.使用言語 : 特に定めない。
4.原稿字数/語数 : 投稿規程参照。
5.採      録 : 査読を行なったうえで決定する。
6.採録論文の公開 : 『慶應義塾 外国語教育研究』の投稿規程 10.論文の公開に従う。
7.応募締切 : 2017 年9 月15 日(金)必着
8.原稿提出先 : 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
                      外国語教育研究センター三田支部 『慶應義塾 外国語教育研究』担当
9.問合せ先 : (電話)03-5427-1601 内線22304
                  (e-mail)flang-bulletin[atマーク]adst.keio.ac.jp
(このアドレスは応募およびお問い合わせ用のアドレスです。広告メールの送信はお断りいたします。)

以下、ダウンロードが可能です。
*『慶應義塾 外国語教育研究』投稿規程(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』募集要項(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』応募用紙/Submission Form(Word)
*Submission Guidelines for the Journal of Foreign Language Education(PDF)

これまで発行されたものが閲覧可能です。
*『慶應義塾 外国語教育研究』第13号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第12号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第11号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第10号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第9号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第8号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第7号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第6号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第5号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第4号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第3号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』第2号(PDF)
*『慶應義塾 外国語教育研究』創刊号(PDF)

<終了>ALC NetAcademy2緊急メンテナンスのお知らせ
カテゴリー:当サイトの利用にあたって | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-5-16 13:05:19

緊急メンテナンスは終了しました。
ご協力ありがとうございました。
5月16日(火) 14:30更新

-------------
本日(5月16日) 13:30よりALC NetAcademy2の緊急メンテナンスを行います。
終了次第お知らせしますが、この間、ログイン、学習ができません。
また学習途中の場合は正常に保存されないことがありますので、終了のお知らせがあるまでログインはしないでください。

【日吉】「英語アカデミック・ライティング(機法吻供法徑修許可者について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-21 15:52:00

日吉「英語アカデミック・ライティング(機法吻供法廖紛睛4限)(和田 朋子先生)履修許可者について、
4/21(金)現在、履修許可者全員の履修申告確認画面に、誤って「不許可」のエラーメッセージが出た状態になっています。
4/22(土)以降、正しい状態に修正されますので、申告画面を再度確認してください。
※4/11(火)履修許可者発表で許可者として学籍番号が記載されている学生は、履修が許可されていますので、引き続き授業に出席してください。

【三田】「英語留学準備(供法徑修許可者について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-14 9:49:00

三田「英語留学準備(供法廖陛斃3限)(ビーサム先生)履修許可者について、
本日4月14日8:30に本サイトに掲載したファイルに誤りがありましたので、
修正版を掲載いたしました(9:00)。
申し訳ありませんが、再度確認のうえ、履修申告をしてください。

2017年度履修許可者(4/14発表)について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-14 8:32:00

2017年度「英語最上級 アドバンスト英語」、および選考科目・抽選科目(開講曜日が火・水・木の科目)の履修許可者を、センターWebサイト上に掲載しました。

外国語教育研究センターのトップページから、
  「塾生の方へ」→「授業案内」→「※2017年度特設科目履修許可者発表はこちら」
→「2017年度特設科目履修許可者発表」
  ・英語最上級 アドバンスト英語こちら
  ・選考科目・抽選科目こちら
を選択し、それぞれ確認してください。
なお、キャンパスの掲示板でも確認できます。
 日吉:第3校舎2階掲示版・第4校舎1階掲示版,三田:第1校舎外国語教育研究センター掲示版

【三田】フランス語表現技法3(I)・4(I)について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-11 18:57:30

特設科目の下記2科目について、担当講師(ルカルヴェ,クリステル A君)による履修相談を実施します。希望者は下記の時間帯に直接おこしください。
・「フランス語表現技法3(I)」(三田・月曜1限)
・「フランス語表現技法4(I)」(三田・月曜2限)
日時:4月13日(木)9:30a.m.〜11:00a.m.
場所:外国語教育研究センター三田事務室(三田キャンパス第1校舎1階)

                                           以 上

2017年度特設科目履修許可者(4/11発表)について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-11 15:00:00

2017年度選考科目・抽選科目(開講曜日が金・土・月の科目)の履修許可者を
センターWebサイト上に掲載しました。
外国語教育研究センターのトップページから、
  「塾生の方へ」→「授業案内」→「※2017年度特設科目履修許可者発表はこちら」
→「選考科目・抽選科目はこちら」を選択し、それぞれ確認してください。

なお、キャンパスの掲示板でも確認できます。
 日吉:第3校舎2階掲示版・第4校舎1階掲示版,三田:第1校舎外国語教育研究センター掲示版

2017年度授業案内(特設科目・オープン科目)について
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2017-4-6 10:55:00

2017年度授業案内(特設科目・オープン科目)を、このWebサイト上に掲載しました。
外国語教育研究センターのトップページから「塾生の方へ」→「授業案内」を選択し、確認してください。

<終了>ALCNetAcademy2一時停止のお知らせ
カテゴリー:当サイトの利用にあたって | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-3-30 16:01:17

更新作業は終了しました。(3月31日 18:30更新)

ALCNetAcademy2一時停止のお知らせ

外国語教育研究センターが提供しているALCNetAcademy2は
更新作業を行うため、以下のとおり一時停止します。
期間中はログインできなくなりますので、ご注意ください。

停止期間:2017年3月31日(金) 11:30 〜 18:00

『慶應義塾 外国語教育研究』第13号を掲載しました
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-3-7 16:12:40

2016年度『慶應義塾 外国語教育研究』第13号を、本Webサイト上に掲載いたしました。

左側のバナー「慶應義塾外国語教育研究(紀要)」、または
左上のメニューから「教職員の方へ」→「刊行物」→「最新号 『慶應義塾 外国語教育研究』第13号(PDF)」をご覧ください。

Academic Writing Contest 2016 審査結果発表
カテゴリー:一般的なお知らせ | 投稿者:nk | 投稿日時:2017-3-1 14:30:00

外国語教育研究センター主催「Academic Writing Contest 2016」にたくさんのご応募ありがとうございました。
本年度は、高校生部門1件、大学生部門16件、通信教育課程部門4件の合計21件の応募がありました。

“審査結果はこちら”



受賞されたみなさん、おめでとうございます。

<終了>公開シンポジウム「初中等教育における外国語教育の役割と課題」開催
カテゴリー:イベント情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-2-9 13:30:00

外国語教育研究センター共催
公開シンポジウム「初中等教育における外国語教育の役割と課題」を以下のとおり
開催いいたします。
参加費無料、どなたでもご参加いただけます(要事前登録)
ぜひご来場ください。

日時:2017年3月11日(土) 13:15〜17:30
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス 第3校舎 325教室
主催:日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)
   「一貫教育における複言語能力養成のための人材育成・教材開発の研究」
   (代表者:境一三)

プログラム:
13:00 開場
13:15-13:30 開催の挨拶 境一三(慶應義塾大学)
13:30-14:15 「外国語教育として多言語を扱う意義とその実践」
          吉村雅仁(奈良教育大学)
14:15-15:00 「ベルリンのバイリンガル教育で見聞きしたこと」
         平高史也(慶應義塾大学)
休憩
<実践発表>
15:10-15:50 「小学生目線の教材と小学生目線ではない教材」
          成田潤也(厚木第二小学校)
15:50-16:30 「チョコレート・プロジェクト」
          阿部志乃(横須賀学院小学校)
16:30-17:00 「五言語を用いた中高生向け複言語教育の試み」
         矢田部清美(慶應義塾大学)
17:00-17:30 実践発表討議

事前登録はこちら(外部のサイトに接続します)


*チラシのダウンロードはこちらから

<終了>2016年度慶應義塾外国語一貫教育フォーラム開催
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2017-1-13 10:44:52

2016年度 慶應義塾外国語一貫教育フォーラム
― 授業で効果的なアクティブ・ラーニングとは ―

慶應義塾における外国語教育の一貫性の向上を目指すとともに、一貫教育校間や学部間の連携を深めるために、当センターでは毎年「外国語一貫教育フォーラム」を開催してきました。昨今慶應義塾の内外でグローバル人材の育成が議論されていますが、その実現のために高大連携、そして一貫教育校間の連携の構築に焦点が当てられてきています。また外国語教育に携わる教職員の交流の中でも、一貫教育全体の外国語教育に関する未来への展望ならびに論点が共有されてきました。
本年度の一貫教育フォーラムでは「授業で効果的なアクティブ・ラーニング」と題して、教育の現場で頻繁に焦点が当てられている「アクティブ・ラーニング」のあるべき姿、その目指す理念や具体的な導入方法について意見を交わしたいと思います。
フォーラムの前半では基調講演の講師に高橋一也教諭(工学院大学附属中学教頭)をお招きし、ご自身の実践例も含めて効果的な授業での「アクティブ・ラーニング」活用方法の提言を、後半では各一貫教育校から外国語授業の現場での実践をご紹介いただき、「アクティブ・ラーニング」の有効的活用法の展望を討論したいと思います。
英語はもちろんのこと、英語以外の語種の専任教員ならびに非常勤講師の方々との交流も目指します。

期日: 2017年1月22日 (日) 13:00〜17:00(12:30開場)
場所: 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 1階シンポジウムスペース
主催: 慶應義塾大学外国語教育研究センター
対象: 慶應義塾(小中高大)の教職員
プログラム:
13:00 開会の挨拶 七字眞明 慶應義塾大学外国語教育研究センター所長
    来賓挨拶 長谷山彰 慶應義塾常任理事
13:15 基調講演 盒彊賁* 工学院大学附属中学校教頭
           「内発的動機を高めるアクティブ・ラーニング」
14:50 各一貫教育校における実践発表 
16:10 ディスカッション (アクティブ・ラーニングの今後における効果的活用方法等)
司会進行:江波戸愼 慶應義塾大学外国語教育研究センター副所長

基調講演:*盒彊賁藏詰
2016年2月にGlobal Teacher Prize 2016 Top 10 Finalists (英国国際教育機関、Varkey基金) に選出される。塾大学、大学院にて英文学専攻。卒業後ジョージア大学院在学中よりPBL (Project Based Learning)やアクティブ・ラーニング等効果的な教育方法の設計、開発に力を注ぐ。現勤務校で教頭を務める一方、グローバルな人材を養成するハイブリッド型クラスを担当し、世界基準の教育を実践中。著書に『世界で大活躍できる13歳からの学び』(主婦と生活社)がある。


(1) 2 3 4 ... 15 »