情報を絞込む
Search

実験授業「1ヶ月集中!オンライン学習法で英語を鍛えよう!」【2/25(水)〜】(終了しました)
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-2-17 18:12:19

御礼

 実験授業「1ヶ月集中!オンライン学習法で英語を鍛えよう!」に多くのご関心、ご応募を賜り、どうもありがとうございました。お陰さまで、定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきます。なお、週末でHPの更新が遅れ、多くの皆様にご迷惑をおかけし、また熱意あふれるお申し込み全てにお応えすることができなかったことを深くお詫び申し上げます。

外国語教育研究センター研究員・理工学部英語教員  岡野 恵
外国語教育研究センター所員・理工学部英語教員  井上 京子




 この春休みの期間中、以下の要項で実験授業を行います。単位にはなりませんが、英語が聴けるようになりたい、ボキャブラリーを増やしたい、TOEIC等の試験対策に悩んでいる等、集中して勉強し、少しでも力をつける機会になります。
 申し込みは学部、大学院・学年不問で、先着順16名を予定しています。希望者は岡野恵(m-okano[atマーク]a5.keio.jp)まで「氏名、学部学年、連絡先のメールアドレス、希望グループ」を明記して申し込んでください。申込締切は 2月24日(火)です。人数に達した場合はそれ以前に締め切りますので、ご了承ください。

内容: 2 コース
グループ1:計6回(週1回、原則90分)
グループ2:計2回(原則90分)
両グループ共通:アルクNetAcademy2を使ってTOEIC形式のリスニングとリーディング問題を繰り返し練習していきます。
グループ1:週1回、同内容を授業として行います。教員のサポートと仲間とともに、英語力アップの目標に向かいます。授業外でも、キャンパス内アクセスによりNetAcademy2での学習が課題となります。岡野恵(外国語教育研究センター研究員・理工学部英語教員)担当
グループ2:初回(2/25)、最終回(4/1)のみ出席し、期間中の学習は全て個人でNetAcademy2を使用し進めます。必要なときに教員に連絡し、サポートを受けられます。井上京子(外国語教育研究センター所員・理工学部英語教員)担当
場所:日吉キャンパス第三校舎外国語ラウンジ
日時:2月25日〜4月1日 毎週水曜日
 第1回 2月25日(水)  11:00〜13:00
 第2回 3月4日 (水)  11:00〜12:30
 第3回 3月11日(水)  11:00〜12:30
 第4回 3月18日(水)  11:00〜12:30
 第5回 3月25日(水)  11:00〜12:30
 第6回 4月1日 (水)  11:00〜12:30


教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第5回【2/7(土)】(終了しました)
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-1-23 17:10:28

 来る2月7日(土)「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第5回ワークショップを開催いたします。

主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
日時:2月7日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
定員:第一部、第二部共に先着20名まで

申込方法
下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
 aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

※ なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。また、ワークショップは各回が独立した構成になっております。前回までご参加されていない方も、ぜひこの機会にご参加ください。

プログラム:
第一部(15:00〜16:20)
「映像」を外国語の授業に活用するには?(2)〜無料映像編集ソフトPartage(パルタージュ)を活用する〜
(講師:岡野恵、五十嵐玲美、谷内正裕)
 前回は外国語学習のリソースとしてニーズの高い映画やニュースなどの映像リソースの利用方法を取り上げましたが、引き続き、外国語の授業で映像を扱う可能性を探ります。今回は、映像を利用するための「技術」ではなく、映像を活用した授業の「運営方法」を扱います。従来の映像利用では、特定の環境(コンピュータ、OS、ソフトウェア)に依存し、また、ある程度の専門知識やスキルが必要とされました。今回ご紹介するPartage(パルタージュ)は、外国語教育研究センターRA谷内さんが開発している映像編集・管理システムで、全くの初心者や児童でも直感的な操作が可能なことから、技術的なハードルを越えることなく授業での映像利用が可能になります。外国語教育研究センター研究員、研究補助員による模擬授業に参加し、体験していただくことで、映像を授業で活用する新たな可能性を探ると共に、参加者間の議論を深められればと思います。

・模擬授業:外国語の授業でのパルタージュの活用
・従来の映像利用の問題点
・映像編集ソフト、パルタージュの紹介
・質疑応答



第二部(16:30〜18:00)
外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(5)〜Appleによる教育への取り組み(1)スライドショーの作成〜
(講師:益田玲子氏(Apple Japan)、倉舘健一、濱野英巳)
 前回は、映像編集の心得の無い方々でも簡単に編集作業が行える iMovieの操作方法を扱い、映像リソースに独自の編集を加えることで、さらに大きな効果を与える方法を扱いました。今回はさらに一歩進み、第一部から引き続き、実際の授業運営に焦点を当てたワークショップを行います。今回からご登場いただく益田氏は、長く小中学校の教員を対象としたワークショップに携わって来られた方です。その経験を活かして、最新の技術を使いながら、具体的にどのような手順で授業運営を行うのかについて、ハンズオンを行っていただきます。
 なお今回、第二部に参加ご希望の方には簡単な事前の準備をお願いしております。各自のお好きなテーマでデジタル写真を十枚程度、メモリスティックなどにご用意下さい。また、添付のチェックシートを印刷し、ご記入の上、当日お持ちいただきますようよろしくお願い申し上げます。(チェックシートは後日掲載いたします。)

・授業で映像編集を扱う際の準備
・構成シート記入
・編集方法の説明の仕方
・作品発表会の実施
・質疑応答

2008年度海外研修派遣予定者へ【重要】
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-1-19 16:46:06

単位認定に必要な「課題レポート」および「報告書」の詳細は、1月17日(土)の渡航前オリエンテーション
の際、提出していただいた「研修中の緊急連絡先最終確認について」の本人E-Mailアドレスに1月中にお
送りします。2月に入っても届かない場合、E-Mail :fcenter-sa@adst.keio.ac.jp宛に連絡してください。

【厳守】上記のメールを受け取った塾生は、直ちにE-Mail :fcenter-sa@adst.keio.ac.jpまで
    その旨を返信して下さい。連絡先を変更する場合も上記メールアドレスまで連絡してください。


     海外研修に関する問い合わせ先
     外国語教育研究センター(三田) 担当: 城市・杉田
     外国語教育研究センター(日吉) 担当: 岩渕・千葉
     E-Mail :fcenter-sa@adst.keio.ac.jp

【重要】英語テスト対策科目の廃止について
カテゴリー:当サイトの利用にあたって | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-1-9 16:20:04

外国語教育研究センターではカリキュラムの一部見直しをおこなった結果,英語
特設科目のうち,

「英語テスト対策 TOEFL(I)/(II)」
「英語テスト対策 TOEFL(Writing)」
「英語テスト対策 TOEIC(I)/(II)」
「英語テスト対策 TOEIC(I)/(II)上級」

の開講を本年度一杯で終了することにしました。
2009年度からはこれに代わる新科目として

「英語留学準備(I)/(II)」
「英語聴解(a)/(b)」

がスタートします。新科目の詳細については3月末配布予定の「センター履修案
内・講義要綱」をご覧下さい。


なお,英語テスト対策講座は慶應義塾外国語学校(三田・日吉)において提供さ
れる予定です。詳細は慶應義塾外国語学校ホームページ http://www.fls.keio.ac.jp/
をご覧下さい。

日吉キャンパス停電のお知らせ【1/10(土)】
カテゴリー:一般的なお知らせ | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-1-7 9:40:10

来る1月10日(土)日吉キャンパスで停電が予定されています。
この停電に伴い、ネットワークが停止となるため、センターで運営のオンラインサービスは下記の時間停止いたします。

2009年1月10日(土)9:00〜12:00 (予定)

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

2008 Academic Writing Contest審査結果発表延期について
カテゴリー:当サイトの利用にあたって | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-12-9 12:49:56

外国語教育研究センター主催 Academic Writing Contest 2008へ
たくさんのご応募ありがとうございました。
当初、12月8日(予定)に審査結果を発表する予定でしたが、
応募論文が多数のため、審査に時間がかかっております。
応募させたみなさんには、大変申し訳ございませんが、
もうしばらくお待ちください。

審査結果については、センターWebページだけでなく、掲示も行いますので、
そちらでご確認ください。
各賞受賞者のみなさんにのみ、外国語教育研究センターより受賞の連絡を差し上げますので、
ぜひ授賞式へご参加ください。

外国語教育研究センターおよび外国語ラウンジの開室時間について
カテゴリー:一般的なお知らせ | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-12-2 10:45:32

外国語教育研究センター事務室(日吉)
<授業期間>
 平日(月〜金) 8:30〜18:00
 土曜日     閉室
<授業期間外>
 平日(月〜金) 9:00〜16:45
 土曜日 閉室

外国語ラウンジ 
<授業期間>
 平日(月〜金) 9:00〜19:00(ただし木曜日は18:00まで)
 土曜日     9:00〜15:00
<授業期間外>
 平日(月〜金) 9:00〜16:45
 土曜日 閉室


三田の事務室の開室時間は、次のとおりです。

外国語教育研究センター事務室(三田)
 平日(月〜金) 8:30〜18:00
 授業期間外   8:30〜16:45
 土曜日     閉室

2008年度 外国語教育研究センター主催 海外研修オンライン登録受付終了!
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-11-18 15:57:00

定刻により、2008年度 外国語教育研究センター主催 海外研修オンライン登録は受付を終了しました。
オンライン登録を完了している方は、下記の窓口受付期間中に必ず、
・共通参加申込書
・共通参加申込書(エッセイ)を受付窓口に提出してください。


※ 申込書の窓口への提出はオンライン登録で指定した受付窓口に提出してください。


○応募対象者
 慶應義塾大学学部生・大学院生

○申込期間
 ※ オンライン申込受付  11月12日10:00〜18日16:30まで!

※ オンライン登録が完了していないと窓口での受付はできません!
  十分注意してください。


 ※ 窓口受付         11月26日〜28日まで
(各窓口受付時間内 ※募集要項の2〜3ページを参照のこと)

※詳細は募集要項で確認してください。



募集要項はこちら

参加申込書はこちら


教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第4回【12/6(土)】
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-11-14 19:50:00

 来る12月6日(土)「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第4回ワークショップを開催いたします。MoodleやWeb教材、マルチメディアの利用にご関心をお持ちの教職員の方々のご参加をお待ちしています。また、前回までご参加されていない方も、どうぞこの機会にご参加ください。

主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
日時:12月6日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
定員:第一部、第二部共に先着20名まで

申込方法
下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
 aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

プログラム:
第一部(15:00~16:20)
「映画」を外国語の授業に活用するには? (講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
 今回は外国語学習のリソースとして大変ニーズの高い映画やニュースなどの映像リソースの利用を取り上げます。第一部では、前回までの「Moodleの利用方法」から一歩進み、DVD/VHSなどの市販されているパッケージ・メディア、またインターネット上の映画やニュースなどのリソースにはどのようなものがあるのかを概観し、これらを授業で活用する方法を考え、Moodleとの連携の方法について取り上げます。
・DVD/VHSなどのパッケージ・メディアの活用
・インターネットリソースの活用
・映像リソースとMoodleとの連携
・外国語の授業での活用事例
・質疑応答

第二部(16:30~18:00)
外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(4) (講師:徳永健一氏(Apple Japan)、パトリス・ルロワ、濱野英巳、倉舘健一)
 映像リソースは、そのまま利用するのではなく、独自の編集を加えることで、さらに大きな効果を与えることができます。そこで、第二部では、映像編集の心得の無い方々でも簡単に編集作業が行える、映像編集ソフトiMovieの操作方法を扱います。これを用いた教材制作、授業での活用方法などを考えていきます。また映像に関連した技術的な質問や操作方法についてもご案内したいと思います。
・iMovieの基本操作
・効果的な編集とは?
・様々なファイル形式への書き出し方法
・質疑応答

※ワークショップで使用するMoodleのサイトはこちら
 ワークショップのページに進み、「ゲストとしてログインする」を
 クリックすると、ご参照いただけます。

 なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

シンポジウム「大学の外国語能力開発構想と社会の要請」【11/15(土)】
カテゴリー:研究に関するお知らせ | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-11-5 16:05:00

 来る11月15日(土)、「大学の外国語能力開発構想と社会の要請」をテーマにシンポジウムを開催いたします。
 外国語教育研究センターでは、これまで「私たちの卒業生像」と題したシンポジウムを開催し、一貫教育校・学部の教員たちの考える卒業生像についてアンケートを行うとともに意見集約の試みを行ってきました。今回は、外国語教育研究センターが進めている「行動中心複言語学習プロジェクト(AOP)」において姿を現しつつある「出口像」に言及し、議論を深めたいと思います。企業の求める外国語運用能力に関する7000人規模のアンケート調査に基づく分析結果の紹介に続き、日々英語やフランス語を操り、国際舞台で活躍しておられる現役企業人の講演を通じて社会の要請する外国語能力を把握し、「出口像」の妥当性・普遍性を考えるとともに、21世紀の外国語教育における慶應義塾の方向性を見定めるための議論を展開したいと考えております。「複言語複文化教育をも視野に入れた英語教育」という理想像と、社会、特に企業が現実に求める人材像との間に違いはあるのか、両者の比較対照・すりあわせを通じて、慶應義塾の目指すべき外国語教育の将来像を描き出したいと思います。

主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
日時:2008年11月15日(土)14:00〜17:30 懇親会17:45〜19:00
会場:日吉キャンパス来往舎2F 大会議室
司会:外国語教育研究センター所員 日向清人
シンポジウム ポスター(PDF)
HRP2008公式サイト
※来往舎展示会場にて、研究成果のパネル展示も行います。

プログラム:
(以下 敬称略)
13:30  開場
14:00〜 開会挨拶およびシンポジウム主旨説明
      外国語教育研究センター所長 境一三
14:10〜 講演
14:10〜14:40 「ビジネスマン7000人アンケートの報告」
          高千穂大学教授・塾員 寺内 一
14:40〜15:10 「実社会での英語使用経験から振り返る慶應の英語教育」
          日本アイ・ビー・エム株式会社取締役・塾員 名取 勝也
15:10〜15:40 「実社会でのフランス語使用経験から振り返る慶應のフランス語教育」
          コンサルタント(パリ在住)・塾員 仁木 久恵
15:40〜15:50  休憩10分
15:50〜  パネルディスカッション「大学の外国語能力開発構想と社会の要請」
 司会:慶應義塾大学 法学部教授            朝吹亮二
 パネリスト:高千穂大学教授・塾員           寺内一
       日本アイ・ビー・エム株式会社取締役・塾員 名取勝也
       コンサルタント(パリ在住)・塾員     仁木久恵
       慶應義塾大学 経済学部教授        松岡和美
       外国語教育研究センター副所長・普通部教諭 跡部智
       外国語教育研究センター所員        日向清人
17:30  閉会挨拶  外国語教育研究センター所員 日向清人
17:45〜19:00 懇親会 (グリーン食堂にて)

                                   以上

2008年度 外国語教育研究センター主催 海外研修募集説明会開催について【重要】
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-10-31 16:50:00

2008年度 外国語教育研究センター主催 海外研修募集説明会を下記の日程で開催します。
 
今年度はUCSCの研修プログラム中止に伴い、UNSW、US、UAの3校を派遣先として募集を行います。
研修参加希望者は、下記の日程で行われる募集説明会に参加してください。
募集説明会で募集要項や資料を配布いたします。


○募集説明会 日時/会場
 11月11日(火)三田キャンパス 423番教室 18:20〜
 11月12日(水)日吉キャンパス J14番教室 18:20〜

○応募対象者
 慶應義塾大学学部生・大学院生

○申込期間
 ※ オンライン申込受付  11月12日10:00〜18日16:30まで

※ オンライン登録が完了していないと窓口での受付はできません!
  十分注意してください。


 ※ 窓口受付         11月26日〜28日まで

※詳細は募集要項で確認してください。



募集要項はこちら

参加申込書はこちら



教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第3回【11/1(土)】
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-10-28 14:04:00

 来る11月1日(土)、「外国語の授業におけるICTの活用」プログラム(全13回)の第3回ワークショップを開催いたします。MoodleやWeb教材、マルチメディアの利用にご関心をお持ちの教職員の方々のご参加をお待ちしています。また、前回までご参加されていない方も、どうぞこの機会にご参加ください。

主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
日時:11月1日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
定員:第一部、第二部共に先着20名まで

申込方法
下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
 aop-info@adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵) ※全角@を半角に変えてください。

プログラム:
第一部(15:00~16:20)
Moodleワークショップ(3) 〜Moodle利用の問題点、解決方法を探る〜(講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
第二部(16:30~18:00)
外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(3)(講師:徳永健一氏(Apple Japan)、パトリス・ルロワ、濱野英巳、倉舘健一)

※プログラムの詳細については、こちらをダウンロードしてください。(Word)

 なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

実験授業「Express Yourself! The Music of English」【10/29(水)〜】
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-10-24 14:32:00


実験授業「Express Yourself! The Music of English」は終了いたしました。

実験授業「Express Yourself! The Music of English」が10月29日より始まりました。
英語による詩と歌の創作・パフォーマンスなどを通じて、楽しみながら自然でクリエイティヴな表現ができるようになることをめざします。
多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

講師:Jerome Young 先生

日時:水曜日 18時15分〜

プログラム:
 10月29日「説明会!」
 11月5日「The Rhythm of English」
 11月12日「Finding your Poetic Voice」
 11月26日「Recording Session!」

場所:第三校舎外国語ラウンジ

申し込み不要、途中参加/退出可

お問い合わせ:Jerome Young 先生 hayamajay@yahoo.com(全角@を半角に変換してください)




TOEIC-IPテスト 11月29日(土)実施 (三田)
カテゴリー:学生向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-10-22 14:25:00

TOEIC-IPテスト



TOEICは、世界約60ヶ国で実施されている、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。かつて、留学を目指す人はTOEFLの、外資系企業や海外での就職を目指す人はTOEICのスコアが必要とされると言われていた時代がありました。しかし、こうした公開テストのスコアが就職試験にとどまらず多方面で活かされる機会が増えるに伴い、大学生の資格試験志向も年々強まり、留学や就職という目標をさしあたりもたない学生の中でもTOEICの受験ニーズは飛躍的に増加しています。また、自分の英語力を世界的な評価基準に照らして、学習のモティベーション向上に役立てることは、望ましいことでもあります。

そうした背景を踏まえて、2004年度より外国語教育研究センターでは年に2回、6月と11月の各第2土曜日にTOEIC-IPを開催しています(2009年度は11月29日)。TOEIC-IPは、TOEIC公開テストと同様の試験形式および採点方法で実施されますが、公式認定証(Official Score Certificate)は発行されません。



2008年度のテストのスケジュールは、以下の通りとなります。



    2008年度 第1回 <実施済>
  • 開催日: 2008年6月14日(土)

  • 会場: 三田キャンパス 第1校舎 133番教室

  • 当日受付時間: 14:00〜14:40

  • 受験申込期間: 5月21日(水)〜6月10日(火)

  • 申込場所: 各地区の生協

  • 受験料: 3,500円



  • 2008年度 第2回
  • 開催日: 2008年11月29日(土)

  • 会場: 三田キャンパス 第1校舎 133番教室

  • 当日受付時間: 14:00〜14:40

  • 受験申込期間: 11月4日(火)〜11月22日(土)

  • 申込場所: 各地区の生協

  • 受験料: 3,500円

教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第2回【10/4(土)】
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-9-30 19:02:00



外国語教育研究センター 教職員対象ワークショップ
「外国語の授業におけるICTの活用」プログラム
第2回(全13回)

 来る10月4日(土)、「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第2回ワークショップを開催いたします。第一部では、前回に引き続きMoodleを扱い、リソース・活動のより効果的な設定方法について考えます。また、無料のWeb教材作成ソフトHotPotatoesの利用と、Moodleとの連携についても扱う予定です。

主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
日時:10月4日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
定員:第一部、第二部共に先着30名まで
申込方法:下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)をご連絡下さい。
 aop-info@adst.keio.ac.jp (担当:岡野恵) ※全角@を半角に変えてください。

※ なお、当日のワークショップでは、ご用意できるPCの数に限りがありますので、PCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

プログラム:
15:00~16:20
第一部:Moodleワークショップ(2) 〜効果的な活動の設定方法〜[仮題]
(講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
・慶應義塾内におけるMoodle利用ガイドラインについて(2)
・リソースの使い分け
・効果的な活動の設定方法
・HotPotatoesの利用
・HotPotatoesとは?
・HotPotatoesのダウンロードとインストール
・MoodleとHotPotatoesとの連携
・質疑応答

(休憩10分程度)

16:30~18:00
第二部:Keynoteの使い方[仮題]
(講師:徳永健一氏(Apple Japan)、濱野英巳,倉舘健一)
・Keynote(プレゼンソフト)を利用した魅力的な授業
・ハンズオン:Keynoteの使い方
・Keynoteの作成、利用例
・質疑応答

« 1 ... 11 12 13 (14) 15 »